わたしのメガネは「認定眼鏡士」に作ってもらいました。

「認定眼鏡士」は、メガネ関連唯一の認定資格です。

「メガネを作るには国家資格が必要」と82%の人が思っています。

しかし、日本では資格あるなしにかかわらず、誰でも作れるというのが現状です。

 メガネはファッションアイテムである以前に、あなたの大切な瞳の視力を補正し、保護するために大切なものです。

 よいメガネを作るには、適切な視力測定、使用目的やライフスタイルに合ったレンズ選び、レンズの選定など専門的で高度な技術が必要となります。

 どんなに視力測定をしっかりしても使用目的やライフスタイルに合わないレンズではかえって見え方に影響が出たり、負担となってしまう可能性があります。

 

これでは心配です。

 

そこでつくられたのが、公益社団法人 日本眼鏡技術者協会

メガネ関連で唯一の資格

認定眼鏡士制度

これでわたしたち消費者は、メガネを作る眼鏡士の技術レベルを判断することができます。

 日進月歩のメガネの進化。新設計のレンズや新素材のフレームが次々と登場しています。

 また、パソコンやスマートフォンなどによる疲れ目やドライアイなど、生活環境やライフスタイルから生じる様々な症状について、眼鏡技術者はいち早く把握しておく必要があります。

 だから、この資格有効期限は3年間のみ。そのつど教育講座を受講し、新たに資格を取得するという厳しい内容です。

確かな知識と技術を身につけたメガネのスペシャリストが「認定眼鏡士」です。

認定眼鏡士のいるホズミでメガネを作れば安心です。